ドクター

更年期障害の症状を正しく知ろう|女性に纒わる病気

薬や放射線で治療する

細胞

悪性リンパ腫の中でも日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫と呼ばれるタイプです。症状の進行する早さによって低悪性度から中等度悪性、高悪性度にまで分類されています。この悪性リンパ腫では進行が早いほど薬も効きやすいことがわかっています。薬による化学療法のほかには放射線治療などもあります。

詳細

初期の段階で発見しよう

注射

直腸がんは大腸にできるがんのひとつで、肛門の近くに発生します。ステージ1期であれば生存率は9割を超えるので、早く治療を開始するほど予後がよくなります。早期発見と治療のためには大腸内視鏡検査がおすすめです。

詳細

閉経前後に訪れる

女性

無理をしないで受診を

人間は加齢と共に老化現象が起こり、体のさまざまな部位に変化が起こります。女性の場合、卵巣の機能が老化すると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。女性ホルモンの分泌が減少すると、閉経を迎える準備が始まります。閉経前後、40代半ばから50代にかけての時期を更年期と呼びます。更年期には個人差があり、特に体調不良を感じない人もいれば、体調や気分の浮き沈みが激しくうつ状態に陥るほどの更年期障害の症状が現れる人もいます。更年期とは自律神経が乱れることでおこるさまざまな症状を指します。更年期特有の症状がひどく、日常生活に支障が出るほどになると、更年期障害と診断されます。無理をせず、体調がひどい場合は婦人科を受診しましょう。

代表的なホットフラッシュ

更年期障害で代表的な症状はホットフラッシュです。季節や温度などに関係なく、突然の顔のほてりや体のほてりが現れたり、大量の汗が出て自分でコントロールできなくなります。その他には不眠・頭痛・めまい・ふらつき・むくみ・嘔吐・食欲不振・尿漏れや頻尿などの尿トラブル・口の中が乾くなどが更年期障害の特徴的症状です。ホルモンバランスの乱れの他に、ストレスも更年期障害をひどくする要因です。更年期を迎える時期の女性は、子供の独立や配偶者の定年・両親の介護問題などが起こることもあり、環境の変化や生活リズムが乱れることでストレスにつながりやすく、更年期障害が悪化することがあります。ストレスを解消し、規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。

病気でも自宅で暮らす

聴診器

世田谷区で高齢であったり、健康が低下している段階なら、在宅医療を検討したいものです。住み慣れた自宅で家族と安心して暮らしながら、適切な医療を受けることができます。意思の往診だけでなく、看護師の訪問看護や薬局との連携などをワンストップでしてくれます。

詳細